今日は集会で春の花の話をしました。

春は道端にも沢山の草花を見かけます。

ようちえんの坂はアスファルトですが、こんな所にもよく見ると花が咲いています。

おとなは素通りしてしまう道でも、子どもたちはよく見ています。

たんぽぽや・・・

ハルジオン・・・・

オオイヌノフグリ・・・

子どもたちの洞察力はすごいですね。

「あ、お花だ~」

言葉を話さない乳児さんはきっとお母さんの手を止めて立ち止まるでしょう。

 

大人はこんな子どもの気づきに対して、花は花だけれど、一つ一つに名前があることや、

言葉の意味・特徴なども子どもたちに教えられると良いですね。

今はインターネットで色々と調べられるので、大人も興味を持つと

子どものおかげで知らないことも分かって楽しいと思います(古木大悟)